--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕出し弁当のご案内

2013年03月24日 21:35

当館では仕出し弁当の注文も承っております。

丹精込めて作り上げた、本格和食を館外でもご賞味いただけます。ご自宅、集会場でのご宴会やご法要にお使いくださいませ。

横須賀・三浦市周辺につき配送承りますので、是非お気軽にお尋ねください。

IMG_4315_copy.jpg

神奈川県横須賀市・衣笠温泉旅館

「横須賀ポートマーケット-旬産旬消-」オープンのお知らせ

2013年03月22日 23:19

今月12日、横須賀市新港町に新しい大型お買いもの&グルメスポット「横須賀ポートマーケット 旬産旬消(しゅんさんしゅんしょう)」がオープンされました。

駐車場180台(大型バス23台)を完備した大型施設で地元の食材、味を集めた地産地消のマーケットとなっております。
横須賀は「おいしい食材の宝庫」ですので、三崎港であげられたマグロは当然のこと、長井、佐島で獲れる魚介類や葉山牛も並びます。
また三浦半島育ちの新鮮野菜・果物の他、地元で人気の「関口牧場の牛乳ジェラート」や全国パン祭りでグランプリを受賞した「カフェドクルーのよこすか海軍カレーパン」、また有名和菓子職人、三堀純一氏が考案した「かりんとうまんじゅう」等まさに横須賀の味が勢揃いしています。

京浜急行横須賀中央駅から徒歩15分、またはバス5分とアクセスもよく、レストランも完備されておりますので、ぜひ一度お出かけ下さいませ。

当館からは車で20分、徒歩バスの利用で30分ほどになります。

その他、詳細は公式ホームページをご覧くださいませ。

神奈川県横須賀市・衣笠温泉旅館

少年高等工科学校、防衛大学校の卒業式にあてて

2013年03月21日 19:11

3月は別れのシーズンでもあります。
横須賀は軍港が置かれた都市として知られていますが、港以外にも自衛隊駐屯基地等の関係施設があり、日本の防衛を担う若き将来の自衛官の教育施設である少年高等工科学校、防衛大学校もございます。
当館でも長年、受験生を始め、生徒、学生様、そのご家族、ご親類の皆様にご利用いただいてまいりました。

今月の12日(火)には少年高等工科学校の、先日の日曜日の17日には防衛大学校の卒業式がそれぞれ行われました。
卒業生の皆様、並びにご父兄、ご親族の皆様に対しまして、深くお祝い申し上げます。
入学式から卒業式まで、長い時には4年もの間、当館をご愛顧し続けてくださるご家族のお客様もいらっしゃるため、当館にとってもご卒業のご報告を聞くことは格段の喜びでございます。
 卒業生の皆様は大変厳しい数年の学業、訓練、まことにご苦労様でございました。若くして、自らの進む道を決断し、切り開こうとする皆様の瞳には強い意志がありました。ご卒業後の進路はそれぞれと存じますが、皆様であればどの場所でもご活躍できることと信じております。
ご父兄、ご親族の皆様は長年のご支援、まことにお疲れ様でした。全国の地方から入学されるご子息、娘様も多く、久しぶりの面会のためにはるばる遠方からやってこられる皆様の姿には、いつもながら心を打たれました。
 これからの皆々様のご多幸、ご健勝を心よりお祈りいたします。ご利用誠にありがとうございました。お近くにお越しになられた際には、また是非ご利用くださいませ。

近影(2013年春分)

2013年03月20日 20:19

本日は春分です。これからますますお日様が顔を出す時間が増えていきますね。

日ごとに花の色が変わる季節ですが、当館の裏庭では、白木蓮(ハクモクレン)が最花期を迎えています。
20年ほど前にお客様から頂いた苗が、今では立派な大木に成長しました。白木蓮の花は、花弁に厚みがある大きなもので、とても優雅でかつ力強さを感じさせてくれます。油絵のチューブからしぼり出したような深みのある白い花は、隣にならぶ河津桜のピンク色と相まって庭を鮮やかに彩ってくれています。

228223_428006587283285_1628893330_n.jpg

253692_428006673949943_1068057834_n.jpg

1790_428016070615670_1415363275_n.jpg

581840_428007917283152_417703633_n.jpg

580121_428015373949073_63662265_n.jpg

横須賀美術館のご紹介

2013年03月10日 20:50

本日は横須賀のお勧め観光スポットの一つとして「横須賀美術館」をご紹介いたします。
640px-Yokosuka_Museum_of_Art_2009.jpg
横須賀美術館、神奈川県横須賀市、山本理顕設計、2007年/著作権者Wiiii

「海から行く美術館」をキャッチコピー(現在、海からのアクセスは停止)に2007年に華々しく開館した「横須賀美術館」。
眼前は東京湾、三方は観音崎の深い自然の森という、恵まれた周辺環境と一体化された環境全体を使った美術館となっており、アートと自然を気軽に楽しむことができます。

年に4回展示替される収蔵作品の他、週刊新潮の表紙絵を飾り続けた谷内六郎氏の作品が別館にて展示されています。またバラエティに富んだ企画展が年間4~5回開催されています。

山本理顕氏によって設計された建造物は周囲の自然と一体化した美しい建物でアーキテクチャの分野でも高い評価を得ています(第 49 回BCS賞(建築業協会賞)。

また、周囲の観音崎の自然公園から自由に出入りすることができ、大きな芝生の広場、ワークショップスペース、レストラン等は入館料を支払うことなく訪れることできます。そのため美術館という枠を超えた開放的な施設になっており、小さなお子様連れのファミリーでも楽しむことが可能です。

 また美術館正面部に設置されたガラス張りのレストランでは東京湾の水平線、ゆっくりと行き交う船を眺めながら食事をすることができ、カップルのデートコースとしても最適で「恋人の聖地」として認定されています。(「恋人の聖地」とはファッションデザイナーの桂由美氏や華道家の假屋崎省吾氏が選定委員となり、 NPO法人地域活性化支援センターから認定された全国の“デートスポット”としてふさわしい場所です。詳しくはこちらをご覧ください )。

当館からのアクセスは横須賀横浜有料道路をつかって約15分。電車とバスを使いますとおおよそ1時間となります。

その他、詳細につきましては横須賀美術館公式ホームページにてご確認ください。





展示・イベント情報

現在は「日本の木のイス展 -くつろぎのデザイン・かぞくの空間-」が企画展示されています。
bijyutukan.jpg

有名建築家フランクロイドライトが制作したチェアや、有名な柳宗理の「バタフライ・スツール」のオリジナルなどを見ることができる、ファーニチャー好きには必見の企画展となっています。開催期間は4月14日(日)までとなっています。(4月1日は休館日)

以下、美術館公式サイト内の紹介分を引用

本展は、日本でデザイン・制作された「一人がけ」の住居用の木のイスを中心に、おもに1920年代から70年代のインテリアデザインの歴史と、その底流にある住まいをめぐる思想をひも解こうとするものです。近代以降の日本における“イスのある生活”を多彩な視点から捉えた、見どころいっぱいの展覧会です。

 また、本展では、横須賀ならではの視点を取り入れた、楽しい企画を用意しています。
横須賀で活躍する現代の家具作家、白倉祥充・藤澤耕一郎・神永匡崇 の作品に実際に座れる「体験コーナー」、三笠保存会が所蔵する、いかりマーク入り肘掛けイスの展示等、横須賀美術館ならではの展示も必見です。



また3月16日からは「70’バイブレーション」と題された企画展示が開催予定。
「1967年から80年初頭までの音楽の潮流を中心に、写真・雑誌・映像・ファッションなど様々なフィルターを通して振り返」る(公式文引用)企画です。

1967年以降のカウンター・カルチャーから、ポップ・カルチャーが花開く1980年頃までのアルバム・ジャケットや様々なポスターを中心としたアートワークなどを観せつつ、様々なトピックスを交えた「巨大なカルチャー年表」や、70年代ミュージックシーンを象徴する写真、当時の音楽誌を中心に、アート、映画、文学、ファッション、様々なポップ・カルチャーを紹介した雑誌や書籍などが展示されるとのことで、こちらは邦楽ファンに大変おすすめの企画となっています。

その他詳細は公式サイトをご覧ください。→MoMM 70'sバイブレーション!
bijyutukan2.jpg

神奈川県横須賀市・衣笠温泉旅館



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。